行動や思考を伝染させる、ミラーニューロン

人は良くも悪くも周囲の状況に流されやすい生き物です。

これは脳科学的にも実証されており、「なぜ周囲の人の影響を受けるのか?」というと脳神経の一種であるミラーニューロンの働きが関係しています。

この働きによって、他の人の動作や表情を見た時に自分の反応も同じ神経で行われます。つまり、他の人と共鳴が起こるのがミラーニューロンだといえます。

この作用を利用して、尊敬、理想とする人から学ぶことができます。

自分がステージアップを望む時には、理想とするステージで活躍している人たち、つまりメンターとできるだけ行動をするように心がけると成功しやすくなります。

ミラーニューロンの働きによって自然と成功者の行動や思考が自分にもうつります。

努力をしても成功できないことがある場合、それは潜在意識にその分野に対してのマイナスイメージがプログラムされている場合があります。

そして、潜在意識はその分野の行為をすると自信がないように振舞わせて悪い結果をもたらしてしまいます。

成功体験がなければマイナスのイメージを持ってしまうのも当然だという見方がありますが、ミラーニューロンの働きを利用すれば他者が成功している姿を見て自信をインストールすることができます。

認知科学の観点から見れば、新たなことを習得する際には他の人を見て真似るのが非常に有効だとされています。

普段どのような環境でどんなものを選んで見ているのかが非常に重要ですので、なかなか成功できないと感じるのなら成功者から学ぶように心がけなければなりません。

失敗者が回りに集まってネガティブな感情を見てしまうと、自分のその感情が影響して失敗をするようなプログラムがされてしまいます。

ミラーニューロンの働きは心理学において非常に大きな発見です。

自分が実際に体験していないことでも、見るだけで脳の中で同じように再現されます。その時の細胞の活動は実際に体験した場合と同じように働きますので、人は自分で思っている以上に周りからの影響を強く受けていることが分かります。

成功するために必要なこととして、成功者と付き合い日頃から目で見たものに集中し、
そこに感情がプラスされると潜在意識は同じような状況を引き寄せてくれますので、自身も成功へと近づくことができます。

ミラーニューロンは日常生活で接する全てにおいて活性化されます。ですから、自分が目標とする道、学びたいこと等、理想、尊敬できる人を模範とすると良いですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする