リミティング・ブリーフ除去、エンパワリング・ブリーフで奮起

夢を現実にしたり幸福な人生を送るためにメンタルブロックを外すことは大切です。
メンタルブロックとは、思い込みで自分自身の意識に壁をつくってしまうことです。その為、行動が抑制され、思うようにならないので自信をなくし、更に状況が悪くなるといった悪循環に陥ります。

人は、人生の中で子供の頃の経験や育った環境、学生の頃の失敗体験など、様々な記憶により心の中に先入観や固定観念が形成されます。

その中で過去に体験した自らのトラウマ、強烈にネガティブで心にいつのまにか植えつけられた記憶、思い込みをリミッティング・ビリーフ(制限を作り出す思い込み)といいます。

この思い込みによってネガティブな感情や思考が生まれ「できない。やっぱりダメだ。無理。」といった否定的な事にとらわれてしまいます。

このようなメンタルブロックを外すためには、自分自身でその思考にとらわれている事に気づいて、その原因を探り理解することが必要です。

その根底にあるのは「恐怖」であるといわれています。恐怖におびえている自分を認識して、それを克服していくイメージをすることで、このメンタルブロックを外すことができます。

私の幼馴染がネガティブな人で、色々なことに対して、マイナスのイメージから入ってしまうので、「損をしてる」と感じる事があります。

どんな事でもネガティブにとらえるので、本当にそのようになってしまい「やっぱり、そうだ。」と納得してしまう。幼い頃からの様々な経験が、彼の心にネガティブな思い込みを構築してしまったんだろうと思っているんですけどもね。

それでも、堅実な側面もあり、バランスが取れているので、彼の個性かなと思っています。

生きていくことは複雑で、リミッティング・ビリーフがあることで抑制され、失敗することを避けられるという側面もあります。

そういう意味ではネガティブに考えることで、プラスに働くこという要素もあるといえます。

生きていれば色々経験して背負う荷物も重くなる訳で、私にもリミッティング・ビリーフはあり、ネガティブに考えたりします。

だからこそ、その状態から脱する為に、エンパワリング・ビリーフを心がけています。

エンパワリング・ビリーフとは「自分を力づけてくれる思い込み、信念」です。

エンパワリング・ビリーフで、すべてが思い通りになるわけではないし、自分のすべてに自信があるわけでもありません。それでも何か悪いことが起きても、その出来事から学ぶことがあると考えたり、前向きに乗り越えたいと思います。

新しいことに挑戦して失敗しても、体験学んでいく事自身を成長させると考えているからです。

ネガティブ面を含めて自分を理解することから生まれる豊かさと恩恵。

マイナスなことをすべて否定するのではなく、そのような考えを肯定しつつ、心の中にあるメンタルブロックを外したからこそ出来るという考え方を持つことが大切です。

エンパワリング・ビリーフの力で夢への実現理想とする生活新しい事への挑戦など、充実した人生を送りたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする